逆流性食道炎の対策を練ろう|恐れずに原因追求するべき

女性

生活習慣からくる疾患です

ハートを持つ人

生活改善が一番の治療です

横になると胃液が上がってくるような感覚があって、口の中が酸っぱくなり気持ち悪くなる症状で悩んでいる人がたくさんいます。また喉がイガイガしたり胸やけが頻繁に起こるようになります。これらは逆流性食道炎によるものの可能性があります。これは、胃の中にある強い酸性の胃液が、何らかの原因によって食道へ上がってきてしまうことを言います。通常は胃と食道の境目にある筋肉によって逆流が防がれていますが、この筋肉が緩んだり、あるいは筋肉の締め付けをこじ開けるほど強い胃内圧によって逆流が起こります。逆流性食道炎の原因は暴飲暴食やストレス、高脂肪食、アルコール、たばこ、締め付けの強い衣類、普段の姿勢、肥満体形など様々です。逆流性食道炎は放っておくとだるさや食欲不振、胸やけだけでなく、食道が胃液で傷つけられることにより吐血したり食道がんになるリスクが上昇したりするため、適切な対策をとる必要があります。暴飲暴食や食事内容の改善は一番取り組みやすい対策方法です。脂ものを避け、過食や早食いもできるだけしないように心掛ける必要があります。アルコールやたばこも適度に楽しむようにするのが大切です。胃内圧を上げないためには、まず普段の服装でお腹を締め付けるものがないか見なおすことが重要です。それ以外にも肥満体形や姿勢の悪さも胃内圧を上げるので、それらを改善していくのも大切な対策方法のひとつとなります。また普段から心がけたい対策のひとつとして、食べてすぐに横にならないということもあります。横になると胃液が逆流しやすい環境を作ってしまうため、眠くても横たわらないよう気を付ける必要があります。逆流性食道炎はしっかり病院に通って治療すべき疾患でもあるので、例えば胃酸分泌を抑える薬や食べ物の消化を助け、胃から腸へ送るのを促す薬などを使いながら治療していくのが大切です。