逆流性食道炎の対策を練ろう|恐れずに原因追求するべき

女性

内視鏡検査が有効な病

メンズと看護師

再発防止を考える

逆流性食道炎は胃酸や消化途中の食物が食道を逆流し、食道が炎症を起こすことで生じる病気で、胃がムカついたり、胸やけを感じるなどの症状が起こります。この病気の原因としては、食べ過ぎや姿勢の悪さ、ストレスなどが挙げられますが、症状が出た場合はまず医療機関で受診し、検査を受けてみる方が良いでしょう。逆流性食道炎では内視鏡を使う検査が一般的で、現在はこの機器に使われるファイバースコープの精度が上がったため、食道部分の炎症を正確に確認できる可能性が高まっています。そして内視鏡検査を行っている病院は多いのですが、逆流性食道炎が分かった後の治療のことを考えると、胃腸科などの専門的な医院で実績のあるところを選ぶことをお勧めします。以上のような検査の結果、逆流性食道炎と診断された場合は、薬などで一旦治ったとしても、生活自体を改善するような対策を立てないと、この病気が再発する恐れがあります。そのため、この病気の再発防止の対策や予防として、食生活を中心に普段の生活の仕方をしっかりと考えていく必要があると言えます。この場合にまず注意するべきなのは、食べ過ぎを避けることと、脂肪やたんぱく質が多い食物など、消化に時間のかかる食品を摂りすぎないようにするということです。また、姿勢が悪かったり肥満になると、腹圧が上がり、これによって逆流性食道炎が引き起こされる可能性が出てくるので、良い姿勢と肥満を避ける食生活も必要になります。さらに、精神的なストレスも消化管の働きを悪くし、この病気の原因になることがあるので、ストレス対策も大切になってきます。以上のように、逆流性食道炎では、普段の生活習慣に注意する必要があり、その場合は医師から対策に関するアドバイスを受けるようにすると参考になるでしょう。