逆流性食道炎の対策を練ろう|恐れずに原因追求するべき

男性

生活習慣からくる疾患です

ハートを持つ人

逆流性食道炎は、暴飲暴食や高脂肪食など食事内容、ストレス、締め付けの強い衣類や姿勢の悪さによる胃内圧の上昇などが原因で起こります。生活内容を改善していくことが一番の対策ですが、胃酸分泌を抑えたり消化を助けたりする薬剤を併用することでより良い治療効果を得ることができます。

詳しくはこちら

逆流しない対策があります

ハートと聴診器

逆流性食道炎とは、胃の液体が逆流し、それが食道にまで移って腫れあがる症状です。外部からのストレスや、胃が緩和するものを摂ることで発症します。お湯を飲むことや、ガムを?むことなどで症状を緩める対策が可能です。それでも治らなければ、薬で治すことをお勧めします。

詳しくはこちら

のどや胸のあたりの違和感

男女

違和感があるなら診察へ

日常生活において、のどの異物感や胸焼けが頻繁にあるというのなら、それは最近増えてきている逆流性食道炎の症状かもしれません。その症状を放置しておくと悪化する可能性がありますので、一番の対策は内科のドクターの元に訪れることです。もしかすると、逆流性食道炎ではなく他の病気の可能性もあるため、心配ならば早めに診察を受けにいきましょう。なお、病院に訪れた場合、症状が軽いのならば簡単な診察で薬を処方されて、それで治療が終わりだということもよくあります。しかし、それで満足できずに色々と心配ならば、全てをハッキリとさせるために胃カメラなどの検査をおこなってもらったほうが良いでしょう。最近では口からではなく、鼻から入れるタイプの胃カメラも存在するので、それほど苦労せずに逆流性食道炎の検査は終わります。なお、逆流性食道炎を治療してもらうためにドクターの元に訪れれば、色々な対策が記載された冊子を入手できることがあります。読んでみると、基本的なことしか記載されていないように感じてしまうかもしれませんが、ドクターが監修した内容なので安心でしょう。そして、インターネットでも悪化させないための対策方法が調べられますので、辛いのなら参考にしてみてはどうでしょう。夜遅く食べることや食事後にすぐに寝るなど、簡単なことでも対策ができていない方は多いので、一度しっかりと調べることをオススメします。再発も多いのが逆流性食道炎の特徴なので、症状が治まったからといって安心せずに、毎日の対策を続けるようにしましょう。

内視鏡検査が有効な病

メンズと看護師

逆流性食道炎は胃酸の逆流で起こる病気であり、これの検査としては内視鏡検査が一般的ですが、医院を選ぶ場合は専門的な医院で実績を持つところを選ぶと良いでしょう。また、逆流性食道炎の対策としては、普段の生活習慣の改善が必要で、食べ過ぎや悪い姿勢、肥満やストレスなどを避けるような生活をすることが大切です。

詳しくはこちら